高性能・高寿命の家

通気性

構造材の腐食や劣化を抑える、長寿命の要「通気工法」

金物はその強度、耐久性と同じく、木材の欠損を少なくするなどの収まりがいいということも重要です。

  • 外壁換気

    構造内に空気が流れることで、壁の中の湿気を屋外に排出し、構造性能をいつもベストな状態にたもちつづけます。

    棟換気

    屋根の頂部に棟換気をもうけることで、昼夜温度差によって発生しやすい結露の発生を防ぎ、室内をいつも快適な状態に保ちます。

    全周床下換気

    土台と基礎の間に床下換気部材を入れることで、床下の換気性能を約20%~30%向上させています。これも、長寿命のための工夫です。

床下と土台の防湿、全周床下換気で換気率アップ

  • 土台パッキン工法
    (瑕疵担保責任10年の義務に対応)

    土台パッキン20-100による換気は、従来の基礎切欠きタイプに比べて約1.4倍の換気効率で、床下の全周にわたり換気します。また基礎と土台を縁切りにすることで、基礎コンクリートの水湿分を土台が吸収することなく腐朽を未然に防ぎ、床部の耐久性が向上します。

外壁

汚れを分解し流し落とす、セルフクリーニング機能付外壁材

マイクロガードは、空気中の水分子を取り込んで外壁表面に薄い水分子膜を作り、汚れの元となる物質を水分子膜の上に付着させます。雨が降れば、汚れは雨とともに洗い流され、外壁はいつもスッキリ。マイクロガードは、雨の力で住まいの美しさを持続させます。 

安心

給水・給湯量が安定し、維持管理が容易なシステム配管

接続箇所を最小限に抑え、漏水リスクを低減。

万が一漏水が発生した場合、そのほとんどは接続部で発生しています。そのため、接続箇所が少ないほど、漏水のリスクは低減します。給水給湯管の接続部は、ヘッダーと住宅設備機器との2ヶ所のみ。漏水リスクを大幅に低減できます。

  • 宅内の給水・給湯管に確実な継手とフレキシブル管を使用することで、施工の不備による漏水を防止します。

断熱性

断熱と結露防止効果が高い高機能のLow-E複層ガラス

優れた断熱性で冷暖房費を大幅に節約

  • Low-E複層ガラスの断熱性は単板ガラスの約3倍です。優れた断熱性で冷気を抑え、寒い冬でも快適な住環境を保ちます。さらに、優れた断熱性能は省エネルギーにも効果的。冬の暖房費、夏の冷房費を大幅にカットすることで、家計の負担を軽減します。